トイレ錠をドアノブ⇒レバーハンドルに交換した事例

東大阪市カギ屋トマトの作業事例の紹介です。

今回ご紹介する事例はドアノブ交換の事例ですが、ドアノブをレバーハンドルタイプにチェンジするという作業をしております。

リフォーム感覚でドアノブからレバーハンドル交換

今回のご依頼は修理では無く、ドアノブ交換。東大阪の一戸建て住宅への引越しをされたお客さまより鍵交換のご依頼も合わせ受けたのですが、ドアノブはレバーハンドルに交換したいという事で、鍵交換とドアノブ交換の両方を行える業者を探してカギ屋トマトへお電話を頂きました。

まずは施行前の写真です。下の写真は交換する前のドアの写真ですが青枠で囲んだ部分はトイレ内側の鍵部分の写真になります。

技研トイレ錠

川口技研というメーカーのトイレ錠ですね。

技研の建築金物を使用している住宅は多いですので、このトイレ錠も比較的ポピュラーな物として使用しているお宅は多いと思います。

交換の際は互換性のある商品を探しますが、無い場合は加工して取付可能な商品を探します。

今回は候補として二種類ほどピックアップし、見た目が良くコスト的にも安く抑えられる商品への交換を提案させて頂きました。

お客様から交換の了承をいただけましたので早速交換です。

交換風景

下の画像が最終的にレバーハンドルへの交換を終えた写真になります。写真中のピンク枠の部分は内側の鍵部分になります。

ドアノブ交換後

どうでしょうか?

交換前のトイレ錠よりも作りがシッカリしており、交換後の写真では以前よりも高級感が出たと思います。

錠の部分もですが、ドアノブからレバーハンドルに交換した事で日常での使用感は格段に使い安くなったはずです。

ご紹介した作業を例にお見積を出しますと工事費用は総額で約¥12,000-となりますが、二箇所、三箇所と複数個所交換を申し込まれますと一箇所辺りの交換料金はさらにお安くなります

今回の作業実施時は玄関の鍵交換も同時にお申し込み頂いたため総額としては単体でお申し込み頂くよりも低料金となりお客様にも大変喜んで頂けました。カギ屋トマトとしても嬉しく思います。

Share on Facebook
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
[`buzzurl` not found]

タグ:

コメントを残す

お問い合わせ・御見積りはこちらから

ページトップへ

リンクについて